小学校受験の秘密兵器
小学校受験の秘密兵器をお申込みの方に「ビックリ無料特典」をプレゼント致します!






福澤晃典 小学校受験の秘密兵器

合格と不合格を分ける境目とは?

小学校受験の秘密兵器

A.子供にとって、最善の教育と進路について、家族間で考え方を一致させること
というのは当然すぎるかもしれませんが、これは小学校受験において土台となる部分です。

「何のために小学校を受験するのか」、
「受験にかけるトータルの費用はいくら位までか」
などについて、家族の間で考え方がずれていると
私立の小学校は両親面接が基本ですから一発で分かりますし、間違いなく落とされます。

万が一合格したとしても、思っていたように子供が育たず、

何年か後に「あの時、もっとノビノビと育てればよかった・・・」といっても、
過ぎ去った時間は戻ってきません。

だから、B.の「自分達に一番合った小学校を選ぶこと」も大切です。

「〜小学校だとカッコいいから」とか、「〜小学校だと中学受験に有利だから」
といった、ブランドや噂だけで決めてしまい、入学後に悲惨になったケースを私
は多数見てきました。

小学校受験がきっかけで後にもっと大きな家族問題になってしまったら意味がないのです。

小学校の教育方針、現在のお住まいからの距離、あとは実際の合格難易度
(子供だけでなく、両親の職業ほか様々な要素が絡んできます)などを考慮すると、
「我が子に合った小学校」というのは存在します。

小学校受験の基本中の基本ではありますが、この部分がしっかりしていないと合格しても
家族がハッピーになるとは限らないため、福澤晃典氏は指導する前必ず確認するようにしています。

合格と不合格を分ける境目とは?
そして、受験の結果に大きな差がつくのは、以下ができているかどうかです。

1.志望する小学校に一番受かりやすい学習方法を選択し、実践しているか
2.子供の得意分野と弱点を知り、家族も「受験指導」の良きサポーターになれるか

1.の学習方法についてですが、お教室の説明会や模擬試験に参加したのをきっかけに、
「雰囲気が良さそうだから」と、お子様を通わせることを決意する方はたくさんいます。

確かに教室の雰囲気は重要ですが、“合格”を目指すなら他にも重要なポイントがあります。
「その教室に行くことが志望校に合格する最善の道か」を冷静に考える必要があるのです。
「受験教室に行けば必ず合格するように導いてくれる」というのはただの神話ですから・・・。

教室に全て任せっぱなしにするのではなく、内容をちゃんと見て、不足していると感じたら
「この教室には週1回通わせて、あと足りない部分は他の教材で補足しよう」
と判断するのは親の役目なのです。

実は、子供が受験で成功するかどうかは、「できのいい子供かどうか」ということ以前に、
「受験させようと決意した親が、どれだけ合格しやすい道を選んであげられるか」
にかかっているのです。

子供が、いかに親や教室の言う通りに勉強しても、その方向性が間違っていたら
結局はいい結果にはつながりません。

これは子供のせいではなく、(そういった勉強方法を選択した)親のせいなんですね。

 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

小学校受験の秘密兵器【ビックリ無料特典付】

※こちらから小学校受験の秘密兵器をお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、小学校受験の秘密兵器のお申込みページをご覧下さい。
posted by 小学校受験の秘密兵器 at 19:15 | 小学校受験の秘密兵器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。